LINEで送る

女性の悩みは女性ホルモンが原因

女の人

近年ストレス社会と言われるほど、身体の疲れによるストレスよりも、精神的なストレスの負担が多く、老若男女に関係なく負担が多いというのが現状です。特に男性よりも、女性の悩みの方が多いのが現状です。女性は毎月の生理によるPMS(生理前症候群)で首や肩凝りや、頭痛や腹痛や腰痛と言った身体のストレスが起こります。これは女性ホルモンのバランスが乱れることによる不調であり、メンタル面だけでも左右されるので、女性の悩みの一つでもありあります。しかし、若い女性から年配の女性まで、それぞれの年齢別による悩みは様々です。例えば、10代や20代の女性は、就職してからの人間関係に悩み、仕事を続けるべきかなど悩みが大きくなり、ストレスがかかって身体に不調を訴える人が多いです。また30代から40代になると仕事と家庭の両立など、さらにストレスがかかってきます。このよう年齢別で女性の悩みが大きく変わってきます。また、閉経5年前後の世代になると、女性ホルモンの現象による更年期障害が出てくる世代でもあり、特に何事もなくてもイライラや多少の事でもクヨクヨしたりすることもあります。年齢別で女性悩みがありますが、まずは女性ホルモンのバランスを乱さない事が大切で、なるべく日々のストレスを発散させることがよいでしょう。

 

↑PAGE TOP